PR

ライフ ライフ

人の「生き死に」に寄り添う 人生を間近に…介護の仕事

 介護は人の「生き死に」に寄り添う仕事だ。日々の暮らしを支えるその先には、看取りに伴走する“大仕事”もある。「人の人生を、こんなに間近に見られる仕事はない」というベテラン介護職に話を聞いた。

 横浜市の社会福祉法人「伸(しん)こう福祉会」の河野(かわの)真紀さん(47)は24歳で法人に就職し、特別養護老人ホーム(特養)やグループホーム、介護付き有料老人ホームなどで介護に携わってきた。

 人と話すことが好きで、ホテルや病院でも働いた。だが、病院では患者に深く関われず、“蚊帳の外”にいるようだった。患者から「家に帰りたい」と訴えられることもあった。「当人が、ここなら最期の場所でもいいかな、と思える場所で働きたかった」と言う。

◆初めまして

 この20年、特養やグループホームで働く中で、さまざまな人生を間近に見てきた。

 怒ってばかりの90代女性がいた。「ありがとう」の代わりの言葉は「ありがとやまのコンコンチキ!」だった。

 その女性が衰弱し、家族に「最期の服」を頼んだら、日本舞踊の衣装のような和服が持ち込まれた。

 「鮮やかな青い着物でした。それを着た姿を見て、『初めまして』と思いました。こういう人だったんだ、と」

 きつい言葉は、気っぷの良さの裏返し。してもらうより、してあげるタイプの人だったんだろう。

 「お尻を洗われたりするのは、きっと、悔しかったんでしょうね」

◆繋がる人々

 “怖い”利用者もいた。認知症のグループホームに住んでいた80代のトヨさん=仮名=は生涯、独身だった。人に触られるのが嫌いで、入浴の手伝いも、着替えの手伝いもさせてくれなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ