PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】元厚生労働事務次官・村木厚子(63)(12)上皇ご夫妻とのパラオ訪問

 〈天皇陛下とは同世代。国として、戦後世代に平和への思いをどう継承していくかの課題は残る〉

 全国戦没者追悼式での上皇さまのお言葉には、戦争に行った人のこと、国内で守っていた国民のこと、犠牲になった海外の人のこと、全ての人への強いメッセージが込められていた。誰よりも考え抜いておられるのが分かるから、どれだけ尊敬しても足りないですよね。戦後70年だった27年の夏には、天皇、皇后両陛下が愛子さまを連れて日比谷図書文化館(東京都千代田区)で行われていた企画展に来られた際、お目にかかりました。非常に丁寧にごらんになり、きちんと勉強されていたことが印象に残っています。

 同じ年に都内の子育て支援施設を訪れられたときには、こんなことがありました。子供って怖いもの知らずで、お二方がどんな方だというのを分かっていないので、思わぬ行動に出るんです。皇后さまの持っていたバッグがきれいだと思ったんでしょうね。ある子供がぱっと手を伸ばしたんですよ。みんな驚きましたが、お二人が笑われているので、周りも爆笑に包まれ、緊張していた雰囲気が一挙に和みました。皇后さまの笑顔もとてもすてきだったし、きっといい形で引き継がれるのではないかなと思っていました。

 新しい世代のご家族として、国民からみても親しみやすい、次世代の皇室のイメージを作っていっていただけると確信しています。(聞き手 伊藤真呂武)=次回は10日から、女子柔道金メダリストの谷亮子さん

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ