PR

ライフ ライフ

園児招き「はたらくクルマ大集合」 群馬・沼田ICで雪道の安全祈願・出陣式 

地元の保育園児らが、ロータリー除雪車などを見学して楽しんだ
地元の保育園児らが、ロータリー除雪車などを見学して楽しんだ

 東日本高速道路関東支社高崎管理事務所は6日、関越自動車道沼田インターチェンジ(IC、群馬県沼田市)で冬季の路面凍結や降雪時の雪氷対策作業の安全祈願・出陣式を行った。式に先立ち、地元の保育園児を招いて、雪道で作業する車を集めたイベント「はたらくクルマ大集合」を開いた。

 「高速道路の安全を守ってくれてありがとう。体に気を付けて頑張ってください!」

 桜ケ丘保育園(沼田市)の年長組の園児22人は大きな声で、運転手らを激励した。

 会場には大型のロータリー除雪車や、湿塩散布車、除雪トラックなど20台が並んだ。園児は除雪車の運転席に座ったり、パトカーのサイレンを鳴らしたりするなどして、歓声を上げて楽しんだ。

 安全祈願・出陣式では東日本高速道路や群馬、埼玉両県警などの関係者約100人が参加して冬季の作業の安全を祈願した。

 雪氷対策作業は15日~来年4月15日に24時間体制で行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ