PR

ライフ ライフ

「火災から文化財守って」鬼ガール!!主演女優

消防ホースからの放水を体験する一日消防署長の井頭愛海さん=大阪府河内長野市消防本部
消防ホースからの放水を体験する一日消防署長の井頭愛海さん=大阪府河内長野市消防本部

 大阪府河内長野市で一日消防署長に“任命”された女優の井頭愛海さん(18)が5日、世界文化遺産の首里城跡(那覇市)で復元された正殿などが焼失したことなどを踏まえて、多くの文化財がある河内長野市でも被害を防ぐため、「消防の方々にかかる期待も高まっていると思う」と語った。

 一日消防署長は、9~15日に実施される秋季全国火災予防運動に向けての取り組み。井頭さんにも消防訓練を体験してもらうなど、防火意識を高めるイベントが行われた。井頭さんは、「5階建てビルに取り残された人たちを救助する」という想定の消防訓練を視察し、ホースを握っての放水も実際に体験した。

 同市は5月、「中世に出逢えるまち」として日本遺産に認定されたばかり。市内には、観心寺の「金堂」や金剛寺の「木造大日如来坐像」を中心とする3体セットの仏像など8件の国宝をはじめ、国指定重要文化財など多くの文化財が伝わっている。

 府内出身の井頭さんは、観心寺や金剛寺など同市内を中心にロケが行われた映画「鬼ガール!!」で主演。その縁で、今回の一日消防署長に招かれた。

 父親が現役の消防士という井頭さんは、「寝る間を惜しんで任務を遂行する姿を見て、小さいころから尊敬しています」と参加した消防士らに訓示。撮影でさまざまな場所を訪れた同市について「すてきなまち」との感想を述べ、「これからも守ってください」と呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ