PR

ライフ ライフ

阿久悠さんと酒井政利さんのライバル物語を映画化~ジュークボックスミュージカル映画「アイドル創世記」(再来年公開予定)

阿久悠さん(左)と酒井政利さん
阿久悠さん(左)と酒井政利さん

 昭和の歌謡界を牽(けん)引(いん)した作詞家、故阿久悠さん(享年70)と音楽プロデューサー、酒井政利さん(83)の物語が映画化されることが5日、分かった。映画の総合プロデューサーを務める男性グループ、BOYS AND MENの生みの親、フォーチュンエンターテイメントの谷口誠治社長(60)が同日、東京都内で行われたイベントで明かした。

 映画タイトルは「アイドル創世記」。山口百恵さん、郷ひろみ(64)、ピンク・レディーら数々のアイドルを生み出した日本歌謡界の黄金時代、1970年代を舞台に、楽曲づくりや賞取りレースなどで宿命のライバルとなった阿久さんと酒井さんの知られざる実話やヒット曲の裏話などを描く。70年代の数々のヒット曲が映画を彩るのも注目で、既存楽曲を使って創作されるジュークボックスミュージカル映画と銘打つ。

 NHKドラマ「洞窟おじさん」などを手掛けた脚本家、児島秀樹さんが5年前から温めていた企画で酒井さんに直談判して実現にこぎつけた。

 この日、谷口社長は「(阿久さん、酒井さん2人の)ライバルの戦いを、昭和の歌謡界を映画化したい」と意気込んだ。続けて、同イベントに出席した児島さんは「70年代は名曲がいっぱい」と声を弾ませ、「1人のアイドルに(阿久さん、酒井さん)おふたりが運命的に関わっていたり、おふたりの話を縦軸に、おふたりが作られたアイドルの曲の裏話など、皆さんが知らないエピソードが盛りだくさんです」などとコメントした。児島さんは今回、原作、脚本を担当する。

 主演2人や当時のアイドル役、監督はこれから選定に入る。来年秋に撮影し、2021年に公開予定。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ