PR

ライフ ライフ

第30回「ひろすけ童話賞」に北川チハルさん

 「日本のアンデルセン」と言われた童話作家、浜田広介の業績をたたえ、平成元年に制定された「ひろすけ童話賞」の第30回贈呈式が5日、山形県高畠町の浜田広介記念館で開かれ、童話作家の北川チハルさんに同賞が贈られた。

 受賞作「ふでばこから空」(文研出版)は、秘密をもつ男の子とその秘密を知りたい女の子の不思議な物語。

 北川さんは、「元の原稿はデビュー以前の17年前に書き上げた。未熟さを感じていたが、塾の教材に使われ(たことで評判となり)、『本は売っていないか』と聞かれるようになった。よしざわけいこさんの挿絵とともに楽しんでほしい」と語った。

 北川さんは、愛知県生まれ。保育士を経て童話作家となり、平成15年に児童文芸新人賞を受賞している。

 ひろすけ童話賞は、過去1年間(平成30年7月~令和元年6月末)に発表された小学校低学年までを対象とした作品に贈られる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ