PR

ライフ ライフ

大物タレント独占で大阪一人勝ち? 新アリーナ構想におびえる周辺

兵庫アリーナ実現は?

 アリーナに意欲的な井戸知事は「候補地のあてがない」としながらも、可能性のある場所として西宮、明石、神戸の3市を挙げた。

 ただ、西宮市は大阪中心部から阪神、阪急、JRがそれぞれ接続するアクセスの良さが魅力だが、駅周辺が大規模な再開発でほとんど商業施設に変わった。明石市は、利便性の高いJR明石駅近くの県立明石公園が候補になるが、明石城跡など文化財保護との兼ね合いの問題がある。

 神戸市は、ワールド記念ホールのある人工島・ポートアイランドが神戸の中心からのアクセスが良く、土地の確保も比較的容易だが、アクセスがほぼポートライナーに集約されるため輸送量に不安が残る。

 いずれも決め手に欠く状況だが、鈴木准教授は「関西で公演となれば大阪に集中する。それでも兵庫に大型のアリーナができれば、首都圏のさいたまと横浜の関係のように、大阪に次ぐ施設として存在感を発揮できるかもしれない」と魅力を認める。大阪・関西万博を契機に関西の「ハコ不足」が解消に向かうのではと注目が集まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ