PR

ライフ ライフ

【日本再発見】キャラクターのパネルも勢ぞろい~ちびまる子ちゃんランド(静岡市)

ちびまる子ちゃんの世界観を再現した「ちびまる子ちゃんランド」
ちびまる子ちゃんの世界観を再現した「ちびまる子ちゃんランド」
その他の写真を見る(1/2枚)

 「三保の松原」など数々の観光スポットを有する静岡市清水区。昨年8月に他界した漫画家、さくらももこさん(享年53)の地元であり、ファンの間では、原作の人気漫画「ちびまる子ちゃん」の〝聖地〟があることでも知られている。

 清水港に隣接する商業施設「エスパルスドリームプラザ」(同区)の3階にあるテーマパーク「ちびまる子ちゃんランド」がそれ。平成11年に、ちびまる子ちゃんの世界観を体験できる施設として誕生した。

 無料ゾーンと有料ゾーンに分かれており、有料ゾーン(大人=中学生以上600円、小人=3歳以上400円)には、まる子の自宅や学校など作品に登場した昭和40年代の風景が再現されているほか、まる子や友蔵らキャラクターのパネルも勢ぞろいし、まる子ちゃんの世界を堪能することができる。

 同ランドを運営するドリームプラザの村田良治リーダーは、「国民的な人気作品だけあって大人から子供まで多くのファンが来られます。さくらさんが亡くなってからは彼女をしのんで、多くのファンがメッセージを寄せています」と教えてくれた。

 このほか、無料ゾーンにはオリジナル商品などを扱うグッズショップや、さくらさんが書き起こしたオリジナルのおみくじが人気の神社などもあり、楽しめる。

 通巻発行部数3千万部を誇り、平成2年からアニメ放送も始まった「ちびまる子ちゃん」はさくらさんの幼少期の体験をもとに描かれた。昭和の懐かしい時代にタイムスリップしたい方は足を運んでみては。

 ▽「ちびまる子ちゃんランド」の詳細はHP(http:/www.chibimarukochan-land.com/)。

★プレゼント 「ちびまる子ちゃんランド」から、入場券(来年4月20日まで有効)をペア=(その他の写真をご覧ください)=で10組20人に。インターネットでhttps://id.sankei.jp/nippon/にアクセスして応募してください。8日締め切り。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ