PR

ライフ ライフ

広瀬竜王が単独トップに 将棋の王将リーグ

久保利明九段を破り、王将リーグ4勝1敗で単独トップに立った広瀬章人竜王=4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館
久保利明九段を破り、王将リーグ4勝1敗で単独トップに立った広瀬章人竜王=4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館

 将棋の渡辺明王将(35)=棋聖・期王=への挑戦権を懸けた第69期王将戦挑戦者決定リーグの広瀬章人(あきひと)竜王(32)-久保利明九段(44)戦が4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、後手の広瀬竜王が92手で勝ち、リーグ成績を4勝1敗とし、単独トップに立った。広瀬竜王は残り1局で、リーグ最終日の19日に藤井聡太七段(17)と対戦する。

 この日の対局終了時のリーグ成績は次の通り。4勝1敗=広瀬竜王▽3勝1敗=藤井七段▽3勝2敗=豊島(とよしま)将之(まさゆき)名人▽2勝2敗=羽生善治九段▽1勝2敗=糸谷哲郎八段-▽1勝3敗=三浦弘行九段▽0勝3敗=久保九段

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ