PR

ライフ ライフ

秋の叙勲 瑞宝中綬章 歌人・京都大学名誉教授、永田和宏さん(72) 歌と科学を両立「面白くて」

永田和宏氏
永田和宏氏

 現代歌壇を牽引する歌人であり、国内外で活躍する細胞生物学者。二足のわらじをはき続けてきた。何度もどちらかやめようと思ったが「結局どちらもおもしろくてやめられなかった」と振り返る。

 湯川秀樹博士に憧れて京大に入学、物理を志したが、歌と、後に妻となる恋人とに夢中になり「落ちこぼれました」。だが就職した乳業メーカーで研究のおもしろさに目覚め、大学に戻り研究者生活へ。コラーゲンの生成に重要な役割を果たすタンパク質の発見など次々と業績を重ね、現在も京都産業大学教授として第一線で活躍する。

 一方で、歌人としても花開く。「人生の歩みと共にあるのが歌」。家族との日常や科学の楽しさなどを豊かに率直に歌い、歌集「風位」で迢空(ちょうくう)賞など受賞多数。平成16年からは宮中歌会始の選者も務める。今後は、明治から平成の名歌を残すことを「歌人として最後の仕事」と見据える。

 睡眠時間を削って歌と科学にのめり込む夫に寄り添ったのが、妻で歌人の故河野裕子さんだ。「両方やるしんどさを分かってくれたのは河野でした。(受章を)喜んでくれたでしょう」

(岸本佳子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ