PR

ライフ ライフ

レジ袋有料化開始、3カ月遅らせ来年7月 五輪前から実施

 政府は、コンビニエンスストアやスーパーなどのレジ袋の有料化について、来年7月から実施することで、最終調整に入った。11月1日に経済産業省、環境省が開くレジ袋有料化に関する有識者会合で提示する。当初来年4月開始を目指すとしていたが、準備期間が短すぎるなどの反対意見が多く、3カ月遅らせることにした。さらに素材に生分解性プラスチックを使うレジ袋などでは、一部で無償提供を認める特例措置を盛り込むことも検討する。

 レジ袋有料化では、海洋汚染の原因となっているプラスチックごみ対策の一環として、容器包装リサイクル法にかかわる省令改正によって、全国での有料化を義務付ける。11月中にパブリックコメントを実施したうえで、12月中に制度を最終的に変更し、来年4月からの実施を目指していた。

 しかし今年9月から始まった有識者会合では、「実施まで半年もなく、間に合わない」といったスーパーやコンビニなど流通業界の現場からの意見が圧倒的で、来年4月開始には理解が得られない状況だった。ただ、来年夏の東京五輪・パラリンピック開催時には有料化を実施していたいとする政府の意向もあり、7月からの有料化で最終調整に入った。

 一方で、生分解性プラスチックを使ったレジ袋や、繰り返し使えるレジ袋は海洋汚染にはつながらないため、有料化の対象外とすることも検討する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ