PR

ライフ ライフ

「教育の力感じる」夜間中学パネル展見学の大阪府教育長

パネル展を視察する酒井隆行・大阪府教育長=大阪府東大阪市
パネル展を視察する酒井隆行・大阪府教育長=大阪府東大阪市

 産経新聞で連載している「夜間中学はいま」で、取材を通して撮影した写真パネル展を29日、大阪府の酒井隆行教育長が見学した。同展は、大阪府立中央図書館(東大阪市)で開催されている。

 壮絶な人生を歩み、学校に通えなかったフィリピン出身女性の生き生きとした表情を写したパネルなど1点1点に見入った酒井教育長。「生徒の多くが夜間中学について、厳しい人生の先にたどり着けたかけがえのない場所だと感じている」などと説明を受け、「教育に携わる者として、そう思っていただける場を提供できるのはうれしい」と話した。

 現在全国9都府県に33校ある夜間中学のうち、11校が府内にあることを踏まえ、「共に生きる、共に学ぶの理念を実践した大阪の教育の底力を感じる」とも語った。

 連載は、産経新聞大阪本社が今年3月から開始。戦争や貧困、不登校などのために十分に義務教育を受けられなかった生徒たちの学ぶ姿を紹介している。同展では、取材を通して撮影した写真約30点や生徒の作文、書道作品などを展示している。11月6日まで。入場無料。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ