PR

ライフ ライフ

囲碁の仲邑菫初段、女流立葵杯で勝利、公式戦3連勝

女流立葵杯1回戦で田村千明三段(右)に勝ち、対局を振り返る仲邑菫初段=28日午後、大阪市中央区の関西棋院
女流立葵杯1回戦で田村千明三段(右)に勝ち、対局を振り返る仲邑菫初段=28日午後、大阪市中央区の関西棋院

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)は28日、大阪市中央区の関西棋院で行われた第7期女流立葵(たちあおい)杯予選1回戦で、193手までで田村千明三段(39)に黒番中押し勝ちし、2回戦に進出した。公式戦3連勝で、通算成績は8勝4敗となった。

 田村三段は関西棋院所属で、日本棋院関西総本部所属の仲邑初段が関西棋院の棋士と公式戦で対戦するのは初めて。

 仲邑初段は平成29年に一時、プロ棋士を目指すために関西棋院の院生となったことがあり、以前から親しい関係だ。

 勝った仲邑初段は終局後「(終盤の)コウを解消したあたりで勝てると思った。(2回戦も)頑張る」と話した。

 田村三段は「小さな頃から応援していたので、うれしいような…。棋士としてすごく強くなっている」と仲邑初段をたたえた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ