PR

ライフ ライフ

萩生田文科相、英語民間試験の「身の丈」発言を謝罪 「説明不足だった」

大学入学共通テストの英語で導入される民間検定試験に関しての自身の発言について、取材に応じる萩生田文科相=28日午前、文科省
大学入学共通テストの英語で導入される民間検定試験に関しての自身の発言について、取材に応じる萩生田文科相=28日午前、文科省

 萩生田光一文部科学相は28日、来年度からの大学入学共通テストに導入される英語の民間検定試験をめぐり、「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」などとテレビ番組で語ったことについて、「受験生に不安を与えかねない説明不足な発言であった」として謝罪した。

 記者団の取材に応じた萩生田氏は、発言の真意について「どのような環境下の受験生も、自分の力を最大限発揮できるよう、自分の都合に合わせて(2回まで受けられる民間試験を)全力で頑張ってもらいたいとの思い」だったと説明。そのうえで「説明不足な発言であり、改めておわびしたい」と述べた。

 萩生田氏は24日のテレビ番組で、キャスターからの「(経済的に恵まれた受験生らが民間試験を)受ける回数が増えるのか」との質問に対し、「裕福な子が回数を受けて、ウオーミングアップができるみたいなことはあるかもしれないが、そこは自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえば」と発言。これがインターネットなどで、経済的に恵まれない受験生らに対する発言と捉えられたこともあり、反発が広がっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ