PR

ライフ ライフ

ステラ・マッカートニーさん来日 環境問題へ思い語る

環境問題について語ったステラ・マッカートニーさん=16日、大阪市北区の阪急うめだ本店
環境問題について語ったステラ・マッカートニーさん=16日、大阪市北区の阪急うめだ本店

 イギリスのファッションデザイナー、ステラ・マッカートニーさんが来日し、阪急うめだ本店(大阪市北区)で、16日から始まった同店の環境保全に向けた取り組み「グッド・フォー・ザ・フューチャー」の一環として、女優の二階堂ふみさんとのトークイベントに臨んだ。

 ステラ・マッカートニーさんは、ビートルズのポール・マッカートニーさん、写真家のリンダ・マッカートニーさんの娘。厳格な菜食主義者で、環境保護活動にも熱心に取り組んでいる。サステナビリティー(持続可能性)の理念をいち早くファッションに取り入れたことでも知られており、ファッションには、毛皮、革、ウール、絹を使用しない。

 二階堂さんが、ファーやレザーを使わずにビジネスとしても成立させていることについて尋ねると、ステラさんは、「毛皮や皮革などに変わる機能素材はたくさんあります」ときっぱり。「環境問題だから、と肩肘張らず、肩の力を抜いて、クールでセクシー、ラグジュアリー、そして楽しく作り出すことができれば」。消費者が興味を持つことで、大きな変化につながる、と会場に呼びかけた。

 阪急うめだ本店では、ファッションを通じて環境問題への思いを発信しているステラさんのコレクションを紹介したり、使わなくなった衣料を回収したり、自給自足生活を行う北米のアーミッシュの生活を体験できるイベントなど、全館をあげて環境問題を考えるキャンペーン「グッド・フォー・ザ・フューチャー」を29日まで展開している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ