PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】映画監督・是枝裕和(57)(9)ドキュメンタリーで評価

前のニュース

ドキュメンタリー番組の撮影で出会った伊那小学校春組の子供たちと
ドキュメンタリー番組の撮影で出会った伊那小学校春組の子供たちと

 〈長野の伊那小学校を取材したドキュメンタリー「もう一つの教育~伊那小学校春組の記録~」がフジテレビの深夜番組「NONFIX」で平成3年に放送された〉

 出社拒否のとき、文学少年だった、あの中学時代の友人に勧められて「百姓入門記」(小松恒夫著)を読みました。週刊誌の編集長だった著者が過労で倒れて、環境や教育といった社会問題を自分の身の回りの問題として捉え直すというノンフィクションです。同じ著者の本に、長野の伊那小学校の「総合学習」の取り組みを取材したものがありました。そのとき、大学時代に観て感動した番組を思い出したんです。テレビ朝日の「ニュースステーション」という番組で、同じ伊那小の子牛を飼う子供たちを取り上げてシリーズでやっていたんです。

 映像の現場に飛び込んだものの1年で挫折して、意欲を失いかけていたときに、あの伊那小の子供たちを自分で撮りたいなあと思ったんです。最初は子供たちの顔をちょっと見てこようと学校に行ったら、もう一度牛を飼って、今度は種付けをして乳搾りもしたいという話し合いの最中でした。それで勝手に番組の続編を撮る、と決意して伊那小に通いました。彼らが3年生から6年生になるまで撮っているので、3年ちょっと撮り続けました。

 〈「NONFIX」で放映された「しかし…福祉切り捨ての時代に」がギャラクシー賞の優秀賞を受賞(3年)。28歳だった〉

 これで周りの僕を見る目がガラッと変わって、「自由にやらせておこうか」という雰囲気になった。ギャラクシー賞優秀賞を取った番組を作っているときに、初めてこの仕事が面白いと思ったんですよ。自分で企画書を書いて、プロデューサーも、編集も、全部自分でやって1時間の番組ができたときに、もちろん責任も感じましたけれど、撮ることでいろいろな新しいことを知ることができたんです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ