PR

ライフ ライフ

原田前環境相 処理水議論、「小泉進次郎氏に引き継いでもらいたい」

原田義昭前環境相(左)のパーティーであいさつする小泉進次郎環境相=24日夜、東京都千代田区(奥原慎平撮影)
原田義昭前環境相(左)のパーティーであいさつする小泉進次郎環境相=24日夜、東京都千代田区(奥原慎平撮影)

 原田義昭前環境相は24日夜、都内で政治資金パーティーを開き、東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水浄化後の処理水をめぐり「小泉進次郎環境相に(議論を)引き継いでもらいたい。勉強されて、必ずや適切な結論に導いてもらえる」と述べ、小泉氏に期待感をにじませた。

 原田氏は環境相退任直前、処理水の海洋放出に言及した。原発敷地内の処理水の貯蔵タンクは令和4年夏頃に満杯になる見通しだが、処分方法をめぐる国の議論は停滞している。

 小泉氏は就任後、原田氏の発言について福島県の漁業者に陳謝したが、海洋放出の是非について自身の考えは明らかにしていない。

 小泉氏も原田氏のパーティーに駆けつけ「かつて父と戦った人が大臣の先輩になるのも一つのご縁。これからも原田氏と小泉家の縁を大切にしていきたい」と語ったが、処理水については触れず、原田氏があいさつする前に退席した。小泉氏の父・純一郎元首相は原田氏と衆院中選挙区制時代、旧神奈川2区で争った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ