PR

ライフ ライフ

「身が引き締まる」「決意伝わってきた」新時代の門出祝う国民

 皇室にゆかりの深い伊勢神宮がある三重県のアンテナショップ「三重テラス」(東京都中央区)では儀式のテレビ中継のPVが催され、約50人が参加。厳かな儀式の様子に見入った。

 都内の会社員、峯田恵理子さん(50)は「天皇陛下のお言葉からは、これまでの伝統を大切にしながら新しい皇室をつくるという決意が伝わってきた」。世田谷区の稲垣雅子さん(62)は「天皇陛下は同世代で親近感がある。皇室と日本にとって新しい時代が始まるのだと感じた」、千葉県船橋市の大学院生、東山洋平さん(30)は「象徴として、私たち国民の心の支えとなるようなご活躍をされると思う」と、それぞれ語った。

 JR新宿駅東口の新宿アルタ前でも、道行く人々が足を止め、大型ビジョンに流れる儀式の中継に見入っていた。

 東京都目黒区の公務員、熊谷達夫さん(41)は「改めて新しい時代が始まることを実感した。天皇、皇后両陛下には、仲良くお二人で幸せな時代を築いてほしい」。武蔵野市の専門学校生、吉田真理奈さん(19)は「皇后さまが本当におきれいだった。語学も堪能で令和の新しい女性の理想像。『私も頑張ろう』と気合が入りました」と笑顔を見せた。

 一方、西武池袋本店(東京都豊島区)では、ご即位を記念した「令和」の焼き印がついたどら焼き「福どら」を先着2000人に配布。開店前から行列ができ、約40分でなくなった。列に並んだ練馬区の山口正子さん(71)は「今夜はごちそうを囲んでお祝いします」と顔をほころばせ、清瀬市の会社員、大山洋さん(63)は「パレードに行こうと思っていたけど来月に延期になり残念。来月は必ず見に行きます」と話した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ