PR

ライフ ライフ

上高地町会長の上條敏昭さん 「慈愛に満ちたお心」に感服 即位の礼

 分刻みのスケジュールだったので、かなり時間が押していた。それでもわざわざ戻って、水に触れられたのには、いささか驚いた。ささいなことかもしれないが、実際に行動に移す姿勢に、「山へのご関心はことのほか深い」と実感した。

 ご一家が明神池に着かれたとき、一般の登山者も大勢いた。その際、手を振って会釈されていた陛下の姿が今でも胸に焼き付いている。「すべての国民に親しみをもたれている」。その姿勢に感じ入った。

 強く印象に残っているのは、陛下のまなざしだ。「慈愛に満ちたお心を見た。目は正直なんです」。やり取りの最中、「決して目をそらさなかった」といい、感服したことが忘れられない。

 明神池に来られたのは皇太子のときだった。「今度は泊まりでお越しください」。そんなお願いに対し、「そうですね」とにこやかに返された。「陛下に即位されたので、多くの公務をこなさなければならない。でも陛下は本当に山がお好きです」。いつの日か、そうした希望がかなえばと念願している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ