PR

ライフ ライフ

【野党ウオッチ】処理水の海洋放出訴える維新 「責任政党」アピール

 「大阪湾に放出」という松井氏の発言には、早速漁業者や市民団体を中心に抗議が殺到している。中には「大阪湾で安全なら、なぜ福島で流さないのか」「安全というなら、まず松井氏が水を飲んだらいい」などと、理論と感情が織り混ざったような反応も多い。

 維新がこうした反発を受けても処理水問題に取り組むのは、感情的な反対論に流されがちな主要野党との差別化を図り、「責任政党」としての存在をアピールしたいからだ。今国会でも、維新は大きな統一会派を結成した主要野党とは一線を画し、国会運営に是々非々の姿勢で臨んでいる。

 処理水の海洋放出を訴える姿勢は、具体的な解決策を示せず、ただ貯蔵タンクを増やし続けている政府・与党と維新との違いも強調できる。馬場氏は「党のライフワークとして、完全に復興が成し遂げられるまで努力をしていきたい」と話している。

(政治部 中村智隆)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ