PR

ライフ ライフ

三浦友和さんの声で「火車」 耳で聞くオーディオブックが今熱い

宮部みゆきさんの「火車」を朗読する俳優の三浦友和さん(アマゾンジャパン提供)
宮部みゆきさんの「火車」を朗読する俳優の三浦友和さん(アマゾンジャパン提供)

 プロが読み上げた本の音声を聞いて楽しむ「オーディオブック」の人気が高まっている。日本語オーディオブックを牽引する「オトバンク」(東京都文京区)が運営する「audiobook.jp」の会員数は今年9月に100万人を突破、昨年末比で約40万人増加した。聞き放題プランが支持されていることに加え、人工知能(AI)スピーカーが普及し、心地よく聞けるようになっていることも後押ししているようだ。   (文化部 櫛田寿宏)

 2万7千点

 オトバンクがサービスを開始したのは平成19年。作品は著作権者の許諾を得てからスタジオで声優らが朗読し録音する。現在、ベストセラーを中心に2万7千点のコンテンツを配信している。

 オーディオブックはスマートフォンやパソコンなどにダウンロードして聞く。再生スピードは0・5~4倍に調節できる。聞き放題プランは月額750円だ。1冊1500円の本をオーディオブックで聞けば、料金は半額で済み、お得感がある。

 同社が行ったアンケートによると、聞いている場面としては移動中が58%で最も多い。会員の中心は30~40代の男性。ビジネス書や自己啓発書は人気のジャンルで、通勤の時間を利用して自分磨きをするビジネスパーソンが多い。

 百田尚樹さんのベストセラー「海賊とよばれた男」、平野啓一郎さんの代表作で11月1日に映画が公開される「マチネの終わりに」など、文芸の話題作もそろう。

 「手紙屋」など多数の小説がオーディオブックになっている喜多川泰さんは、実際に自分の作品を聞いてみて、「想像以上に情景が頭に浮かんできた」と好印象を持つ。目の不自由な人が読書の機会を得ることにもつながると感じたそうで、「読者にとってだけでなく、多くの著者にとってもうれしいことじゃないかと思っています」。

 イスラエルの歴史学者、ユヴァル・ノア・ハラリの世界的ベストセラーで上下合わせて約600ページの「サピエンス全史」など、なかなか手を出しにくい大冊も人気が高い。勇気づけを重視するアドラー心理学を解説した「嫌われる勇気」も一気に音声で“読書”できる。

高速バスやジムでも  

 同社はバス会社やスポーツジムなどと連携し、ジムの会員に聞き放題プランを2カ月間無料にしたり、高速バスの車内でオーディオブックを聞けるようにしたりと、魅力に接する機会を提供している。上田渉会長は「オーディオブックの認知度はまだまだ高いとはいえない。全世代に当たり前に聞いてもらえるよう広めていきたい」と語る。

 インターネット通販大手のアマゾンジャパンが運営する「オーディブル」は、平成27年に日本でサービスを開始。話題の本をいち早く配信することで知られ、日本では今年7月に印刷された本として発売された、現代中国最大のヒット小説とされる劉慈欣(りゅう・じきん)さんの「三体」が今月18日から配信されている。

 アメリカをはじめ世界各国をターゲットとする同サービスのコンテンツ数は約40万(うち日本語は1万4千)にも上る。朗読するナレーターの顔ぶれも豪華だ。宮部みゆきさんの「火車」は俳優の三浦友和さん、J・K・ローリングさんの「ハリー・ポッター」は俳優の風間杜夫さん、池井戸潤さんの「犬にきいてみろ」は女優の杏さんが担当した。

 エクササイズやヨガ、瞑想(めいそう)など、女性を意識したコンテンツの充実も目を引く。オーディブルのキーリング宮川もとみさんは「AIスピーカーで聞くと操作の手間がないので、料理をしながら、子供を寝かしつけながら、“読書”をすることが容易にできます」と知的生活の新たな可能性に言及している。

 27日から読書週間。人気が高まるオーディオブックは読書のスタイルを広げそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ