PR

ライフ ライフ

両陛下ゆかりの人から祝福の声「時のたつのは本当に早い」「全体に目配りされるビオラ奏者」「水」問題、ご即位後も

元東宮侍従の竹元正美さん
元東宮侍従の竹元正美さん
その他の写真を見る(1/3枚)

 皇居・宮殿で22日、「即位礼正殿の儀」が挙行される。一世一度の舞台に臨まれる天皇、皇后両陛下に、ゆかりのある人々から祝福の声が寄せられている。

 ■元東宮侍従の竹元正美さん(74)

 「時のたつのは本当に早い」

 東宮侍従を務めていた昭和61年、天皇、皇后両陛下が出会われる場となったスペインのエレナ王女との茶会の準備にあたった。若い王女と年齢の近い方をということで、招待者に「お嬢さまもご一緒に」と声をかけたところ、当時外務省条約局長だった小和田恒(ひさし)さんに伴われ、娘の皇后さまが参加された。まるでこの間のことのようで、時のたつのは本当に早いと感じる。

 5月の御代替わり以降、両陛下は順調に公務に取り組まれているとお見受けする。同月にはトランプ米大統領夫妻を迎え、国賓の接遇もこなされた。お二方とも語学は堪能だが、幼少期から海外で生活経験のある皇后さまは海外の文化や、コミュニケーションの取り方への理解が深いという意味で、国際親善に果たされる役割は大きい。両陛下がそろってご公務に取り組む姿を見せられたことで、国民も令和の皇室に非常に良い印象を抱いていると感じる。

 22日の「即位の礼」は、世界に向けて日本の皇室やその文化、伝統を発信する機会になる。両陛下が出会ってから、さまざまな時期を乗り越えてこの日を迎え、国内外から広く祝福を受けられることは感慨深い。

大学時代から天皇陛下と音楽を通じた交流を持つ白石都志雄さん
大学時代から天皇陛下と音楽を通じた交流を持つ白石都志雄さん
その他の写真を見る(2/3枚)

 ■音楽仲間の白石都志雄さん(59)

 「全体に目配りされるビオラ奏者」

 私が学習院大の音楽部に1年生で入部したとき、ビオラ奏者の陛下は2学年上の先輩として在籍されていた。部内では陛下に対して特別扱いはなく、「殿下」の「でん」を取り「でんでん」という愛称で呼ばれることもあった。

 夏合宿では、宿泊先のホテルで護衛の目を盗み、陛下が寝室の窓から外に出て別の部屋の宴会に参加されたこともあった。学生らしく青春を謳歌されていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ