PR

ライフ ライフ

「即位の礼」進む国際化 「日本の国柄」示す好機に

その他の写真を見る(1/2枚)

 古代からの皇室の歴史を今に伝える重要儀式「即位礼正殿の儀」。朝廷で長く受け継がれてきた形式は、明治以降の近代化で伝統を守りつつも、西洋の王室儀礼を取り入れるなどした結果、現在の形になった。日本と外交関係を結ぶ国家も増えるのに伴い、参列する国もさらに増加。令和の儀式は過去にない規模の国際的な行事となる。

 「科学技術立国の日本が長い伝統を大切にしているあり方は、世界の手本となる。即位礼正殿の儀はそうした日本の国柄を世界に発信するだけでなく、国民自身が、それを再認識する好機になるのではないか」

 京都産業大名誉教授の所功氏は、こう話す。

 即位の儀式は1300年以上前の飛鳥・奈良から平安時代にかけて整えられたといわれる。古くは皇位を継ぐ「践祚(せんそ)」そのものと区別されなかったが、平安時代前期から、十分に準備をして即位を内外に示す盛大な儀式が行われるようになった。

 大きな転機となったのは明治維新。当初、「王政復古」を掲げていた明治政府は、それまで中国王朝「唐」の例にならった装束などのスタイルを一変させ、明治天皇の装束に日本独自の束帯である「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を採用。調度品も日本風に改める一方、京都御所の門に地球儀を飾り「文明開化」も印象づけた。

 “開国”による儀式の国際化も進んだ。天皇が京都から現在の東京に移った後も、大正、昭和の儀式は明治憲法と旧皇室典範下で皇位継承の儀礼を定めた「登極令(とうきょくれい)」に基づき、京都御所の紫宸殿(ししんでん)で挙行されていたが、一方で外国使節も招かれるように。また、全国各地で奉祝行事が行われるなど、国民にも広く歓迎されるようになった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ