PR

ライフ ライフ

小泉環境相「水銀被害のない世界の実現へ」 水俣病の犠牲者慰霊式

水俣病犠牲者慰霊式に臨む小泉進次郎環境相=19日午後、熊本県水俣市(奥原慎平撮影)
水俣病犠牲者慰霊式に臨む小泉進次郎環境相=19日午後、熊本県水俣市(奥原慎平撮影)

 小泉進次郎環境相は19日、熊本県水俣市を訪れ、「公害の原点」といわれる水俣病の犠牲者慰霊式に出席した。小泉氏は「被害の拡大を防げなかったことをおわびする」と謝罪し「わが国が先頭に立ち、水銀による環境汚染や健康被害のない世界の実現に向けて取り組む」と強調した。

 小泉氏は患者や遺族らと犠牲者の冥福を祈り、黙祷をささげた。水俣病は公式確認から63年がたつが、1667人もの人が患者認定の審査を待っており、各地で認定や損害賠償を求める訴訟が続いている。被害者側が求めている全容把握に向けた水俣市周辺の住民を対象とする健康調査も、いまだに行われていない。

 慰霊式後、小泉氏は被害者団体のメンバーとの意見交換を行った。健康調査の早期実施を求める声が相次いだが、小泉氏は「要望は精査する」と述べるにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ