PR

ライフ ライフ

即位礼正殿の儀に2000人 「令和」発案の中西氏や王氏ら 

王貞治氏ら=両国国技館(桐原正道撮影)
王貞治氏ら=両国国技館(桐原正道撮影)

  政府は18日、天皇陛下が即位を内外に宣明される22日の「即位礼正殿の儀」に参列する予定者を公表した。17日午後5時時点で国内外から約2千人が出席する見込み。国内は約1600人で、安倍晋三首相や閣僚、国会議員のほか47都道府県知事らが出席する。万葉集研究の第一人者で元号「令和」の考案者とみられる中西進氏、プロ野球ソフトバンクホークス球団会長の王貞治氏、将棋棋士の羽生善治九段らも参加する。

 海外は174カ国の首脳ら約400人で、英国のチャールズ皇太子をはじめ皇室とゆかりがある各国の王室のほか、米国のチャオ運輸長官、中国の王岐山国家副主席、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相らが参列する。国連、欧州連合(EU)、パレスチナからも参加する。トルコのエルドアン大統領はシリア情勢の対応のため出席を見送った。

 国内外とも人数は暫定値で、今後増える可能性がある。式典に合わせ安倍首相は21日以降、50カ国程度の首脳らと会談する予定だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ