PR

ライフ ライフ

「予断を排して原因解明努める」 神戸教諭いじめで調査委初会合

神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題で市教委が設置した調査委員会の初会合=18日午前、神戸市
神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題で市教委が設置した調査委員会の初会合=18日午前、神戸市

 神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、市教育委員会が設置した弁護士3人による調査委員会の初会合が18日、三宮研修センター(同市中央区)で開かれた。第三者委は市教委から市長部局に権限が委任され、年内にも調査結果をまとめる。

 会合の冒頭、長田淳教育長は「このような不祥事が二度と発生しないように、組織風土と学校現場を抜本的に改革し、信頼の回復に全力で取り組んでいきたい」と述べた。

 会合は非公開で行われ、終了後に取材に応じた委員長の渡辺徹弁護士は「悪質な暴言暴行が繰り返されるなど信じがたい事態が学校内で起きている。予断を排して原因究明に努めていく」と強調した。

 調査委は今後、いじめていた教諭や被害を受けた教諭をはじめ、校長や前校長を含む平成30年度以降に在籍した教職員を中心に聞き取り調査を行い、事実関係の認定を行う。

 市教委によると、加害者は30代男性3人と40代女性1人。被害者は男性教諭(25)ら4人で、激辛カレーを食べさせられたり暴言を浴びせられたりした。前校長と現校長はいじめの相談を受けても、市教委に詳細を伝えなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ