PR

ライフ ライフ

一部児童、教諭いじめ問題発覚後登校できず

東須磨小の教諭いじめ問題について議論する神戸市総合教育会議=神戸市中央区(木下未希撮影)
東須磨小の教諭いじめ問題について議論する神戸市総合教育会議=神戸市中央区(木下未希撮影)

 神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚をいじめた問題で、久元喜造市長や長田淳教育長らが17日、総合教育会議を開いた。問題発覚後に一部児童が休むなどしており、市教育委員会は同校にスクールカウンセラーを常駐させ、児童の見守りに取り組んでいることを明らかにした。また、市教委は16日夜、加害教諭4人の謝罪の言葉を公表した。

 会議で長田教育長は「前代未聞の不祥事」と釈明。背景として学校の組織風土や加害教諭4人の個人の資質も大きいとし、「教員としてふさわしい人材確保の方法や研修制度を抜本的に見直す」と述べた。

 市教委などによると、問題発覚後に児童4人がショックで学校を休み、うち2人は今も通えていないという。市教委では10月2日からカウンセラーを常駐させ、精神的に不安な児童には別室を用意するなどの対応を取っている。さらに、カレーを強要している動画には同校の家庭科室が写っており、「子供が家庭科室に入れなくなった」との声が保護者から寄せられていることから、改装を検討するとしている。

 一方、公表された謝罪の言葉は、加害側の30代の男性教諭3人と40代の女性教諭のもの。このうち、男性教諭の1人は「いけないこと(は何か)を教える立場の私が信頼を裏切ったことをおわびする」、別の男性教諭は「一社会人として、人間として恥ずべき事だと考えています」とした。

 もう1人の男性教諭は「私の行為で、素直な明るい子供たちの成長の邪魔をしてしまった」、女性教諭も「自分の行動が間違っていることに気付かず、被害教諭が苦しんでいる姿を見ることは本当につらい」などと反省の言葉を並べた。

 また、市教委は17日、外部の弁護士3人による調査チームを設け、18日に初会合を開くと発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ