PR

ライフ ライフ

海賊版対策の意見公募

 文化庁は、著作権者に無断でインターネットに掲載された漫画などの海賊版対策の強化に向け、一般からの意見公募を始めた。先の通常国会への提出を見送った著作権法改正案の問題点を整理するためで、30日まで。その後、有識者検討会で違法とする要件を再検討し、来年の通常国会への提出を目指す。

 文化庁の当初案は、規制範囲を映像や音楽だけでなく、漫画や論文、写真など全ての著作物に拡大し、無断掲載と知りながらダウンロードする行為を違法とする内容だった。しかし「ネット利用の萎縮を招く」との批判が相次いだ。

 今回の意見公募は、当初案の考え方、条文を提供。通常の意見公募は自由記述が一般的だが、選択式の設問も用意した。具体的には、規制範囲の拡大に対する賛否、メモ代わりのスクリーンショット(画面保存)も違法になる可能性があることなどへの懸念の程度などだ。文化庁の担当者は「さまざまなケースごとに懸念の強さを確認したい」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ