PR

ライフ ライフ

イラストレーターの和田誠さん死去 83歳

ジャズ名鑑『ポートレート・イン・ジャズ』の原画の前に立つ和田誠さん。右下の絵が和田さんの最も敬愛するサッチモ(ルイ・アームストロング)=世田谷文学館
ジャズ名鑑『ポートレート・イン・ジャズ』の原画の前に立つ和田誠さん。右下の絵が和田さんの最も敬愛するサッチモ(ルイ・アームストロング)=世田谷文学館

 ユーモアあふれる本の装丁やポスター、映画などさまざまなジャンルで活躍したイラストレーターの和田誠(わだ・まこと)さんが7日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳。葬儀・告別式は近親者で行った。後日、お別れの会を開く。

 大阪市出身。多摩美術大卒。たばこ「ハイライト」の外箱デザインで注目を集め、雑誌「週刊サンケイ」の表紙に描いた似顔絵などで昭和44年に文春漫画賞を受賞。52年から40年以上にわたって「週刊文春」の表紙を手掛けたほか、丸谷才一さん、井上ひさしさん、星新一さんら数多くの作家、劇作家の本で装丁や挿絵を担当した。

 映画「麻雀放浪記」(59年)からは映画監督としても活躍。ノンフィクションやエッセーも高い評価を受け、平成6年には菊池寛賞が贈られた。同年には、絵本「そらをとんだたまごやき」(文・落合恵子作)で産経児童出版文化賞を受賞した。

 妻はシャンソン歌手で料理愛好家の平野レミさん。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ