PR

ライフ ライフ

ゴッホ展が開幕 晩年の「糸杉」「薔薇」など名画ずらり

ゴッホ展の開場前、大勢の入場者が列をつくった=11日午前、東京・上野公園の上野の森美術館(古厩正樹撮影)
ゴッホ展の開場前、大勢の入場者が列をつくった=11日午前、東京・上野公園の上野の森美術館(古厩正樹撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 エネルギッシュな作風で時代を超え愛される画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)の創作の軌跡を追う「ゴッホ展」(産経新聞社など主催)が11日、上野の森美術館(東京・上野公園)で開幕した。

 同展は故国オランダのハーグ派、フランスの印象派という2つの芸術潮流と出会うことで、ゴッホの絵がどう変わり唯一無二の表現を獲得しえたのかを探る。

 世界10カ国からゴッホ作品約40点と、彼に影響を与えた画家たちのおよそ30点が結集するとあって、この日は午前9時半の開館とともに美術ファンらが来場。初期の「農婦の頭部」から、珍しく都市風景を描いた「パリの屋根」、晩年の「糸杉」「薔薇」や「オリーヴを摘む人々」まで、ずらりと並ぶゴッホの名画を鑑賞していた。

 令和2年1月13日まで開催。その後、同年1月25日から3月29日まで、兵庫県立美術館(神戸市中央区)に巡回する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ