PR

ライフ ライフ

『パイプと麦藁帽子の自画像』『農婦の頭部』ゴッホ展を彩る作品たち

 ゴッホ展には『パイプと麦藁帽子の自画像』『農婦の頭部』といった作品も並ぶ。一部を紹介する。

 ≪パイプと麦藁帽子の自画像≫ゴッホが描いた自画像は約40点が知られているが、本作は印象派の影響で作風を大きく変えようとしていたパリ時代のもの。鮮やかな複数の色をひとつの画面上にまとめる練習を重ねており、本作でも限られた筆触と色数によって全体の印象を軽やかに表現している。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《パイプと麦藁帽子の自画像》 1887年9-10月 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
 ≪パイプと麦藁帽子の自画像≫ゴッホが描いた自画像は約40点が知られているが、本作は印象派の影響で作風を大きく変えようとしていたパリ時代のもの。鮮やかな複数の色をひとつの画面上にまとめる練習を重ねており、本作でも限られた筆触と色数によって全体の印象を軽やかに表現している。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《パイプと麦藁帽子の自画像》 1887年9-10月 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
その他の写真を見る(1/3枚)
≪農婦の頭部≫はじめ農民画家を目指していたゴッホはよく地元の農民たちを描いた。ゴッホにとって、大地で働く彼らは、田園地方における季節の移り変わりの象徴だった。本作のモデルをつとめた農家の娘は何度もゴッホの作品に登場し、《ジャガイモを食べる人々》にも描かれている。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《農婦の頭部》 1885年4月 スコットランド・ナショナル・ギャラリー(c) National Galleries of Scotland, photography by A Reeve
≪農婦の頭部≫はじめ農民画家を目指していたゴッホはよく地元の農民たちを描いた。ゴッホにとって、大地で働く彼らは、田園地方における季節の移り変わりの象徴だった。本作のモデルをつとめた農家の娘は何度もゴッホの作品に登場し、《ジャガイモを食べる人々》にも描かれている。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《農婦の頭部》 1885年4月 スコットランド・ナショナル・ギャラリー(c) National Galleries of Scotland, photography by A Reeve
その他の写真を見る(2/3枚)
クロード・モネ『花咲く林檎の樹』 ゴッホは印象派の作家の中でも、特にモネを高く評価していた。「ああ、クロード・モネが風景を描くように人物を描かなければ」とは、弟のテオへの手紙の中で語った言葉だ。テオによれば、モネもまたゴッホを認めていたようだ。ゴッホが敬愛した巨匠による、華やかな風景画である。 クロード・モネ 《花咲く林檎の樹》1873年以前(?) モナコ王宮コレクション (c) Reprod. G. Moufflet / Archives du Palais de Monaco
クロード・モネ『花咲く林檎の樹』 ゴッホは印象派の作家の中でも、特にモネを高く評価していた。「ああ、クロード・モネが風景を描くように人物を描かなければ」とは、弟のテオへの手紙の中で語った言葉だ。テオによれば、モネもまたゴッホを認めていたようだ。ゴッホが敬愛した巨匠による、華やかな風景画である。 クロード・モネ 《花咲く林檎の樹》1873年以前(?) モナコ王宮コレクション (c) Reprod. G. Moufflet / Archives du Palais de Monaco
その他の写真を見る(3/3枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ