PR

ライフ ライフ

『ジャガイモを食べる人々』『疲れ果てて』ゴッホ展を彩る作品たち

 ゴッホ展には『ジャガイモを食べる人々』『疲れ果てて』といった作品も並ぶ。一部を紹介する。

『ジャガイモを食べる人々』ゴッホが手がけた油彩画《ジャガイモを食べる人々》は初めて売り物になると自負した大作だった。本作は、油彩画の出来に満足したゴッホが家族や知人に作品の詳細を伝えるために制作したリトグラフ。本作に描かれた家の内装は、ハーグ派の巨匠・イスラエルスが好んで描いたものとよく似ており、ゴッホがその影響を色濃く受けていたことを示す。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《ジャガイモを食べる人々》 1885年4-5月 ハーグ美術館(c) Kunstmuseum Den Haag
『ジャガイモを食べる人々』ゴッホが手がけた油彩画《ジャガイモを食べる人々》は初めて売り物になると自負した大作だった。本作は、油彩画の出来に満足したゴッホが家族や知人に作品の詳細を伝えるために制作したリトグラフ。本作に描かれた家の内装は、ハーグ派の巨匠・イスラエルスが好んで描いたものとよく似ており、ゴッホがその影響を色濃く受けていたことを示す。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《ジャガイモを食べる人々》 1885年4-5月 ハーグ美術館(c) Kunstmuseum Den Haag
その他の写真を見る(1/3枚)
『疲れ果てて』ゴッホがマウフェから教えられたものは、油彩の技術だけではなかった。それまで模写で絵を学んでいたゴッホだが、「生きた人間をモデルにせよ」というマウフェの教えのもと、農民たちの労働や暮らしの様子を直(じか)に見て写し取るようになる。本作に描かれているのは炉端に座る病気の老人。質素な衣服や生活用品がその境遇を物語るようだ。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《疲れ果てて》 1881年9-10月 P. & N.デ・ブール財団(c) P. & N. de Boer Foundation
『疲れ果てて』ゴッホがマウフェから教えられたものは、油彩の技術だけではなかった。それまで模写で絵を学んでいたゴッホだが、「生きた人間をモデルにせよ」というマウフェの教えのもと、農民たちの労働や暮らしの様子を直(じか)に見て写し取るようになる。本作に描かれているのは炉端に座る病気の老人。質素な衣服や生活用品がその境遇を物語るようだ。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《疲れ果てて》 1881年9-10月 P. & N.デ・ブール財団(c) P. & N. de Boer Foundation
その他の写真を見る(2/3枚)
アントン・マウフェ『雪の中の羊飼いと羊の群れ』 理想化された農村生活でなく、厳しい現実の暮らしをありのままに描いたハーグ派。宗教的なテーマもまた、彼らによって身近なものに置き換えられた。ゴッホ「唯一の師」で、ハーグ派を代表する作家のひとりだったマウフェによる本作は、羊飼いの姿のキリストが自らの民を守ろうとするさまを現実の中で表現したと解釈されている。 アントン・マウフェ 《雪の中の羊飼いと羊の群れ》1887-88年 ハーグ美術館 (c) Kunstmuseum Den Haag
アントン・マウフェ『雪の中の羊飼いと羊の群れ』 理想化された農村生活でなく、厳しい現実の暮らしをありのままに描いたハーグ派。宗教的なテーマもまた、彼らによって身近なものに置き換えられた。ゴッホ「唯一の師」で、ハーグ派を代表する作家のひとりだったマウフェによる本作は、羊飼いの姿のキリストが自らの民を守ろうとするさまを現実の中で表現したと解釈されている。 アントン・マウフェ 《雪の中の羊飼いと羊の群れ》1887-88年 ハーグ美術館 (c) Kunstmuseum Den Haag
その他の写真を見る(3/3枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ