PR

ライフ ライフ

Iターン×ミステリー 米澤穂信さん「Iの悲劇」発刊

「堅さが必要な小説でありつつ、文中でユーモラスさも出したかった」と語る米澤穂信さん。主人公の名前の由来は「万願寺唐辛子」からだという(寺河内美奈撮影)
「堅さが必要な小説でありつつ、文中でユーモラスさも出したかった」と語る米澤穂信さん。主人公の名前の由来は「万願寺唐辛子」からだという(寺河内美奈撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ■日常に潜む悲喜劇鮮やかに

 〈そして誰もいなくなった〉-。作家、米澤穂信(ほのぶ)さん(41)の連作短編集『Iの悲劇』(文芸春秋)の舞台は、過疎化により一度消滅した集落だ。市の再生策によって集落には移住者が集まるが、そこでは不可解な“事件”が頻発。地方に現在進行形で起きている社会問題と、日常生活の中に潜む“等身大のミステリー”の要素が組み合わされた今作には、悲劇と喜劇の両方が見え隠れする。

 往年の推理小説『Xの悲劇』を彷彿(ほうふつ)させる題名は、都市部から出身地とは別の地方に移り住む「Iターン」をイメージさせる。

 「『人が暮らす』ということをこの作品で書きたかった。作品も題名も、ペーソス(哀愁)とユーモアが同居しているのではないかと思います」

 物語の舞台は人口6万人強の架空の自治体「南はかま市」。語り手である同市職員の万願寺邦和は、過疎化で誰もいなくなった山間部の集落「簑石(みのいし)」を復活させる部署「甦(よみがえ)り課」に配属され、新人職員・観山遊香とともに地区内で相次ぐトラブル解決に奔走する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ