PR

ライフ ライフ

マダニ感染症「日本紅斑熱」で50代男性死亡 滋賀県で初

日本紅斑熱の感染源となるマダニ(国立感染症研究所ホームページより)
日本紅斑熱の感染源となるマダニ(国立感染症研究所ホームページより)

 滋賀県は9日、同県近江八幡市の50代会社員の男性がマダニにかまれたことによる「日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)」に感染し、9月14日に死亡したと発表した。同居する80代の母親もほぼ同時に感染したが、回復した。日本紅斑熱に関して届出が必要となった平成11年4月以降、感染、死亡とも県内では初めて。マダニは山や草むらなどに生息するため、県は予防策として肌の露出が少ない服装や、虫除け剤を使うなどの対策を呼びかけている。

 県によると、男性は9月6日に発熱し医療機関を受診、7日に発疹が出た。9日に体調が悪化し、治療を続けたものの症状は改善せず14日に死亡した。死亡後の血清検査で日本紅斑熱と判明した。

 男性にはマダニにかまれた痕を確認できず、感染場所や日時は不明。海外渡航歴もなかった。日本紅斑熱は、病原体「リケッチア」を持つマダニにかまれてから2~8日後に頭痛、発熱などの症状が出る。

 県によると症状は「発熱」「手足の発疹」「刺し口」が特徴で、致死率は約1%という。国立感染症研究所の調べでは、日本紅斑熱の死亡例は、平成11年4月~29年4月27日で発生2147例中21例。今年(9月29日時点)の発生届け出は全国で187件。静岡県、高知県など、太平洋側の温暖な地域での発生が多い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ