PR

ライフ ライフ

全国最悪の自殺死亡率解消へ 有識者会議を設置

和歌山県庁=和歌山市小松原通
和歌山県庁=和歌山市小松原通

 和歌山県内の自殺死亡率は、平成30年の国の統計で全国最悪を記録した。そんな深刻な状況を解消しようと、県は8日、県内外の専門家ら8人を集め、防止対策を検討する有識者会議を設置すると発表した。29日に和歌山市内で初会合を開催。会合を重ねて議論し、提言にまとめる方針。県は提言内容を具体的な施策に反映させていく。

 県などによると、自殺者は近年、全国的には減少傾向にあるが、県内では年間200人前後で高止まりしており、全国順位は上昇傾向にある。

 人口10万人あたりの自殺者の割合を示す自殺死亡率でみると、県内は平成26年には全国平均(19・5人)を下回る17・4人で39位だったが、30年には全国平均(16・1人)を上回る21・2人に増えて全国最悪となった。

 すでに県では、無料通信アプリ「LINE」を使った相談や、相談電話の24時間対応、救急医療機関と連携した自殺未遂者への支援などを実施しているが、さらに専門家の意見を生かした対策に取り組もうと有識者会議を設置する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ