PR

ライフ ライフ

【料理と酒】宇都宮餃子 ニラをたっぷりと

 栃木県の県庁所在地、宇都宮市は餃子の町としても知られています。浜松市と餃子日本一を競い合っていますが、この2つの市は餃子にはなくてはならない食材、ニラの産地です。正確には世帯当たりの購入額を比べていますが、どちらも店によって味も大きさも千差万別。中に入れる具材もいろいろと工夫されているようです。

 安くて庶民の胃袋をがっちりと掴んだ感のある餃子ですが、とてもヘルシーな料理です。肉ばかりでなくニラ、キャベツ、ネギ、ニンニク、ショウガと野菜もたっぷりと使われ、包む皮は小麦粉で満腹感も得られます。餃子だけで十分な栄養が得られます。

 レシピのポイントは、肉はしっかりと練る。野菜を入れたら、あまり混ぜない。焼く時には、最初はふっくらと蒸し焼きにして、最後は油でしっかりと焦げ目をつけること。また包んだら手早く焼いてすぐ食べるというのも、瑞々しいおいしい餃子の大事なコツです。

 最近は酢コショウで食べるのが流行っています。ラー油に醤油と酢ではなく、肉の味がストレートにわかる酢コショウ、ぜひ試してみてください。餃子にビール。私にとって、至福のひと時です。(速水裕樹)

【材料】

餃子の皮……………20枚

豚ひき肉……………150g

キャベツ……………4分の1

ニラ…………………1/2把

ネギ…………………1/2本

ニンニク……………2片

ショウガ……………1片

塩……………………小さじ2

醤油…………………小さじ1

砂糖…………………小さじ1

オイスターソース…小さじ1

酒……………………小さじ2

塩……………………少々

コショウ……………少々

鶏ガラスープ………大さじ4

ごま油………………大さじ1

湯……………………1カップ

ごま油………………大さじ1

酢……………………適量

コショウ……………適量

【作り方】

1.みじん切りにしたキャベツに塩小さじ2を振り、10分置く。水を張ったボウルに入れて塩を流し、ザルにあけて水を切り、キッチンペーパーで包んで水分をしっかりと絞る

2.ボウルに豚ひき肉、醤油、砂糖、オイスターソース、酒、塩、コショウを入れて粘りが出るまでよく混ぜる。さらに鶏ガラスープを加えて混ぜる

3.すりおろしたニンニク、ショウガを加えて混ぜ、みじん切りにしたニラ、ネギ、(1)のキャベツ、ごま油を加えてざっくりと混ぜる。混ぜすぎないことがポイント。これでタネの出来上がり

4.餃子の皮に適量を乗せ畳むように包んで片辺に水を塗って、ひだを付け、閉じる

5.フライパンにごま油をひいて火を付け、餃子を並べる。沸騰した湯カップ1を入れて蓋をして5分蒸し焼きにする

6.余分な湯を捨て、ごま油大さじ1を回しかけ再び蓋をする。水分がなくなってきたら蓋を外し、さらに焼いて、焦げ目がしっかりと付いたことを確認して火を止め、器に盛りつける

7.酢、コショウを小皿に入れ、餃子に付けていただく

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ