PR

ライフ ライフ

欧米の3人にノーベル物理学賞 宇宙の構造解明で

ノーベル物理学賞の受賞者を発表するスウェーデン王立アカデミー=8日(ロイター)
ノーベル物理学賞の受賞者を発表するスウェーデン王立アカデミー=8日(ロイター)

 スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2019年のノーベル物理学賞を、宇宙の歴史の理論研究で成果を挙げた米プリンストン大のジェームズ・ピーブルズ名誉教授(84)、太陽系外の惑星を初めて発見したスイス・ジュネーブ大のミシェル・マイヨール名誉教授(77)とディディエ・ケロー教授(53)の3氏に授与すると発表した。

 ピーブルズ氏は1960年代以降、宇宙初期からの物理的な経過を理論的に説明し、宇宙に対する理解の基礎を作った。宇宙誕生時に起きたビッグバンの名残である「宇宙背景放射」という微弱な電波の存在を予言するなど貢献した。

 マイヨール氏と弟子のケロー氏は95年、初の太陽系外惑星「ペガスス座51番星b」を発見した。惑星の光を観測するのではなく、恒星が惑星の引力の影響を受けて周期的にふらつく現象を捉える方法で発見した。

 太陽系外惑星は既に4千個以上が見つかっており、太陽系では見られない多様な姿を持つことが分かったほか、生命がいる可能性がある地球型惑星の探索が活発に行われている。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計900万スウェーデンクローナ(約9800万円)はピーブルズ氏に2分の1、マイヨール氏とケロー氏に4分の1ずつ贈られる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ