PR

ライフ ライフ

藤原定家校訂の源氏物語5例目を確認 京都

源氏物語の写本「青表紙本」5冊目の「若紫」の一部分。藤原定家が「あり」という言葉を補った跡が確認された
源氏物語の写本「青表紙本」5冊目の「若紫」の一部分。藤原定家が「あり」という言葉を補った跡が確認された
その他の写真を見る(1/4枚)

 平安時代に紫式部が著した「源氏物語」(54帖)について、鎌倉時代前期の公家で歌人の藤原定家(1162~1241年)が家来に書写させ、自ら校訂した写本「定家本(青表紙本)」が新たに見つかったと、定家の子孫にあたる冷泉家の「冷泉家時雨亭文庫」(京都市)が8日、発表した。定家本は過去に4帖が確認され、いずれも国の重要文化財に指定されている。源氏物語の研究は定家本が基準になるだけに、今後の源氏物語研究に大きな影響を与えそうだ。

 見つかったは源氏物語54帖の一つ「若紫(わかむらさき)」。三河吉田藩(現在の愛知県豊橋市)の藩主・大河内家に伝わり、第15代当主の大河内元冬(もとふゆ)さん(72)が東京の自宅で保管していた。

 縦21・9センチ、横14・3センチ。132ページあり、題字の筆跡や題字に使われた紙、本の構成などが現存の青表紙本に一致した。

 この中で、定家が文の脇に挿入目的で「あり」と書いたとみられる文字があった。この文字の墨が三位以上の公家のみに許される青墨(あおずみ)だった点も判断の決め手になった。

 鑑定した同文庫の藤本孝一調査主任(元文化庁主任文化財調査官)は「青墨を使った公家は定家の可能性がある。新史料は今後の源氏物語の研究にこの上ない材料になる」と話す。

 源氏物語は原本がなく、定家は復元を目指しており、嘉禄元(1225)年、別の写本に自分の研究を加えて家来に写させた写本54帖を完成させた。表紙が青いため「青表紙本」と呼ばれる。これも散逸し、花散里(はなちるさと)▽柏木▽行幸(みゆき)▽早蕨(さわらび)-の4帖のみ現存が確認されている。

 今回見つかった若紫について、同文庫は13日に関西学院大学(兵庫県西宮市)で開かれる中古文学会で発表する。一般聴講が可能で申し込み不要。資料代1000円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ