PR

ライフ ライフ

千葉市中央公園でネパール最大の祭り開催 

民族衣装に身を包み、踊りを披露した参加者=8日、千葉市中央区(平田浩一撮影)
民族衣装に身を包み、踊りを披露した参加者=8日、千葉市中央区(平田浩一撮影)

 千葉モードビジネス専門学校(千葉市若葉区、後藤康夫学校長)は8日、外国人留学生を励ますため千葉市中央公園(同市中央区)で、ネパール最大の宗教的祭りである「ダサイン祭」(産経新聞社千葉総局、千葉キワニスクラブなど後援)を開いた。

 ダサイン祭は、秋の収穫を祝う祭りで、同校の在校生の300人以上がネパール人であることから学校行事とし、ネパール以外の国籍の学生も参加する異文化交流の場と位置付けて毎年開催している。

 6回目の今年は留学生の文化・風習などを多くの人たちに理解してもらおうと国際交流フェスティバルを同時開催。ダサイン祭では、生徒がめいめいの民族衣装に身を包み、ステージ上で歌や踊りを披露した。

 来日3年目の同校の生徒会長、アチャルヤスンダルさん(27)は「きょうは母国の家族を思い出しながら、楽しみたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ