PR

ライフ ライフ

林真理子さん、山梨「ワイン県副知事」に 「故郷のため」

山梨県の長崎幸太郎知事から「ワイン県副知事」の辞令を受け取る林真理子さん=8日、県庁(渡辺浩撮影)
山梨県の長崎幸太郎知事から「ワイン県副知事」の辞令を受け取る林真理子さん=8日、県庁(渡辺浩撮影)

 山梨県は8日、山梨市出身の作家、林真理子さん(65)を「ワイン県副知事」に任命した。県は8月に「ワイン県」を宣言しており、日本ソムリエ協会の名誉ソムリエを務める林さんにPR活動をしてもらうことになった。

 長崎幸太郎知事から辞令を受け取った林さんは「身に余る光栄の一方で適役だと思う。飲んべえでワインが大好き。大切な故郷のワインのために一生懸命やりたい」と抱負を語った。

 かつて週刊誌のコラムでワインの判断基準を「3万円以上のものは飲む」と書いたことを記者から問われると、「それは人にごちそうになるときの話で、家で飲むときは5千円以内。『3万円以上』は書き過ぎでしたね」と話した。

 平成23年に「うどん県」を宣言した香川県は、地元出身の俳優、要潤さんを「うどん県副知事」に任命している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ