PR

ライフ ライフ

大阪・富田林寺内町で12日に「後の雛まつり」

昨年の「後の雛まつり」=大阪府富田林市
昨年の「後の雛まつり」=大阪府富田林市

 「重陽(ちょうよう)の節句」(旧暦9月9日)に関西などで行われたとされる江戸時代の風習を再現するイベントが12日午前10時~午後4時、大阪府富田林市の富田林寺内町地区と周辺で開かれる。「じないまち四季物語」の秋の部で、タイトルは「後(のち)の雛まつり」。雨天時は内容を一部変更して決行される。

 大阪府唯一の国の重要伝統的建造物群保存地区で約460年の歴史を誇る富田林寺内町の魅力を発信しようと始まり、今年で13回目。かつては「菊雛」とも呼ばれ、ひな人形と菊の花で町並みを飾る。

 関連イベントとして、富田林寺内町生まれの女流歌人、石上(いそのかみ)露子の生家「旧杉山家住宅」(国重文)で27日まで、「石上露子を偲ぶ着物展」(15、21日休館)が開催中。地区内の古民家などでも、伝来のすずりや筆などが展示される。期間など問い合わせは、平日午前10時~午後5時に実行委員会事務局(080・6205・4540)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ