PR

ライフ ライフ

出展作家が電話で応対 8日からセンター開設 表現の不自由展・その後

「表現の不自由展・その後」で展示されていた「平和の少女像」=8月3日、名古屋市
「表現の不自由展・その後」で展示されていた「平和の少女像」=8月3日、名古屋市

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止問題を巡り、出展作家らが直接、芸術祭や表現の自由への意見を電話で聴く「Jアートコールセンター」が8日から開設されることが7日、分かった。会期末の14日までで、正午から午後8時まで受け付ける。

 不自由展は展示に電話やファクスなどによる抗議が殺到し、愛知県職員らが疲弊したり業務が滞ったりしたため、芸術祭の実行委員会は「安全上の理由」で8月1日の開幕から3日目での中止を決めた。

 コールセンターは作家らが交代で応対し、通話は録音する。センターの電話は050(3177)4593。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ