PR

ライフ ライフ

安倍首相の「STSフォーラム」あいさつ全文

科学技術に関する国際会議で講演する安倍首相=6日午前、京都市
科学技術に関する国際会議で講演する安倍首相=6日午前、京都市

 安倍晋三首相は6日午前、国立京都国際会館(京都市)で開かれた日本最大規模の国際会議「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム」(STSフォーラム)の第16回年次総会であいさつした。首相発言の全文は次の通り。

    ×  ×    

 尾身(幸次)議長、STSフォーラムを今年も実現なさいましたことをお喜び申し上げます。私、ここで何をお話ししようかと智慧を絞りますこと7年目と相成りました。実は今年、お話ししたい中身はあっさり決まりました。

 科学と技術は社会をよくするという尾身議長はじめ皆さまが奉じてこられた信念は、徹底的に正しいということ。いまこそ、科学と技術が果たせる役割に、私たちはみな、自信を新たにすべきだということ。つまり第一に、皆さまは正しい、第二に、皆さまはもっとできるという、この2点を強調し、皆さまの応援団長を買って出ようというのが、本年の私の意図であります。

 先ごろ日本政府は横浜で、「TICAD(アフリカ開発会議)」といって、1993(平成5)年以来、アフリカ各国指導者をお招きし、成長を論じてきた会議の7回目(TICAD7)を催しました。これに先立つ6月には、G20(20カ国・地域首脳会議)を大阪で開催しました。

 いずれの場においても、私たちは、科学と技術の役割を論じました。TICAD7は、SDGs(持続可能な開発目標)のためSTI(科学技術イノベーション)が重要だという点を確認しました。これこそは、STSフォーラム長年の主張と同じです。STI、つまり科学、技術とイノベーションは、SDGs実現に欠かせません。人工衛星から地表を見ることで、地域ごとの作付けがわかります。収量がわかれば、農業従事者の収入に予想がつきます。農業従事者のキャッシュフローが予測できるならば、ファイナンスが容易になります。例えばこのような活用方法が考えられるのです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ