PR

ライフ ライフ

京都・嵐山に福田美術館オープン

開館前日の内覧会で、伊藤若冲「群鶏図押絵貼屏風」に見入る人々(永田直也撮影)
開館前日の内覧会で、伊藤若冲「群鶏図押絵貼屏風」に見入る人々(永田直也撮影)

 京都・嵐山に1日、日本絵画コレクションを主に紹介する「福田美術館」がオープンした。開館記念展では、約100年間未公開だった橋本関雪の「後醍醐帝」など約80点を展示。俵屋宗達や円山応挙、速水御舟ら、江戸時代から近代にかけての著名画家の作品が並んだ。

 同館は京都で創業した消費者金融大手、アイフルの福田吉孝社長が「地元に恩返ししたい」と設立。15年かけて、京都画壇の作品を中心に約1500点ものコレクションを形成したという。建物デザインは京町家の要素も取り入れた和モダンで、展示室は蔵をイメージ。福田氏の長女の川畑光佐館長は「分かりやすく迫力のある作品を集めた。観光客や外国人の方にも楽しんでもらいたい」と話している。開館記念展は来年1月13日まで。火曜休館(祝日の場合は翌日)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ