PR

ライフ ライフ

【ちば人物記】浦安市カヌー協会会長・三浦寛さん(79) 海は自由だ 日本一周

浦安市カヌー協会の三浦寛会長=千葉県浦安市の境川(塩塚保撮影)
浦安市カヌー協会の三浦寛会長=千葉県浦安市の境川(塩塚保撮影)

 還暦を超えて、カヌーで日本一周の旅を成し遂げた。今も現役だ。元気いっぱいカヌーを漕ぎ、愛好家や子供たちの指導を続けている。

 北海道で生まれ育った。上京して東京都内の会社に就職した。少年時代から、カヌーとは無縁の人生だった。

 ところが、転機が訪れる。50代で関西方面を旅した。木津川上流でカヌー製造所を見つけ、たまたま立ち寄った。

 「カヌーを見たんです。かっこよかった。衝動買いしました」と笑顔で振り返る。カヌーを車の屋根に積んで帰宅。地元・浦安の境川や東京湾などで愛艇を漕ぎ、腕を磨いていった。

 会社を定年退職した。自由な時間がたっぷりある。「よし。カヌーで日本一周してみよう。2年もあればなんとかなるだろう」と決断したという。

 平成13年1月1日朝、愛艇にテント、寝袋、着替え、調理道具、食料などを積み込んだ。仲間の見送りを受け、浦安から出航した。ところが、天候は不良だった。猛烈な風が吹いてくる。大波が押し寄せてくる。「ザップン、ザップン、頭から海水をかぶり、びしょぬれになった」と苦笑する。

 太平洋に出て西に向かった。肉眼で陸地が見えるルートを進んだ。天候を見極めて、朝、出航して午後早めに目的地に上陸する。適地にテントを設営し、買い出しに行って夕食の支度に取りかかる。“得意料理”は「力(ちから)ラーメン」。即席ラーメンにモチを入れ、生卵を落とす。これがうまいそうだ。

 九州に到着した。

 「九州の人は人情が熱い。上陸してテントを設営していると、『俺の家に来い』と何度も声を掛けられた。風呂に入り、夕食をごちそうになる。翌朝、弁当を用意してくれたこともあった。ありがたかった」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ