PR

ライフ ライフ

豊臣秀吉の時代から繁栄の都心で「船場まつり」開幕、お得ファッション協賛セールや新鮮マルシェ賑わう

船場マルシェでは、各地の新鮮食材を販売。紀の川観光協会は特産の柿などを取りそろえた =4日、大阪市中央区の船場センタービル
船場マルシェでは、各地の新鮮食材を販売。紀の川観光協会は特産の柿などを取りそろえた =4日、大阪市中央区の船場センタービル
その他の写真を見る(1/5枚)

 大阪市中心部の船場(せんば)地域(中央区、本町駅周辺)で4日、地域の商店主らが中心になったイベント「船場まつり」が開幕した。商店街の協賛セールのほか、神社の境内でのオペラ上演、鉄道模型やLEGOブロックを使った作品の展示、みこしの巡行など46のイベントが繰り広げられる。6日まで。

 船場地区は豊臣秀吉の時代から商業地区として栄え、特に服飾などの「繊維系」の問屋が集積していることで知られる。協賛セールではファッション、小物などを中心に市価の3~7割引のお買い得品が並んだ。

 船場センタービルでは、北海道から沖縄まで各地の物産を販売する「船場マルシェ」が行われ、新鮮な野菜や果物、魚の干物や水産加工品などを品定めする買い物客の姿が見られた。

4日開幕した「船場まつり」で賑わう船場センタービル =4日午前、大阪市中央区
4日開幕した「船場まつり」で賑わう船場センタービル =4日午前、大阪市中央区
その他の写真を見る(2/5枚)

 4大学の鉄道サークルが模型を展示する「船場鉄道フェスティバル」は、5日と6日に開催。大阪・関西万博の開催決定を受け、万博会場の夢洲まで大阪メトロ(地下鉄)中央線が延伸する未来を模型で表現。

 5日には、東日本大震災復興支援の「大船渡サンマまつり」が行われ、岩手・大船渡から送られた新サンマ3000匹を炭火焼きでふるまうほか、イベント会場をめぐって歩く「船場あっちこっちラリー」も開催する。

船場センタービルのキャラクター、船場リリィも登場 =4日、大阪市中央区
船場センタービルのキャラクター、船場リリィも登場 =4日、大阪市中央区
その他の写真を見る(3/5枚)

 イベントの詳細は、船場まつり公式ホームページ( https://www.eventscramble.jp/e/semba-matsuri/ )や船場まつり公式ツイッター( https://twitter.com/SembaMatsuri )、または会場周辺で配布の船場まつりガイド(タブロイド判)を参照。

4日開幕した「船場まつり」では、丹後王国「食のみやこ」などの道の駅も出展、各地の新鮮食材が販売されている =4日午前、大阪市中央区の船場センタービル
4日開幕した「船場まつり」では、丹後王国「食のみやこ」などの道の駅も出展、各地の新鮮食材が販売されている =4日午前、大阪市中央区の船場センタービル
その他の写真を見る(4/5枚)
「船場まつり」が開幕し、せんば心斎橋筋商店街も買い物客らで賑わった =4日午前、大阪市中央区
「船場まつり」が開幕し、せんば心斎橋筋商店街も買い物客らで賑わった =4日午前、大阪市中央区
その他の写真を見る(5/5枚)

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ