PR

ライフ ライフ

ソプラノ歌手、佐藤しのぶさん死去

佐藤しのぶさん
佐藤しのぶさん
その他の写真を見る(1/2枚)

 日本を代表するソプラノ歌手として活躍した声楽家の佐藤しのぶさんが9月29日、死去した。61歳。葬儀・告別式は家族で行った。後日お別れの会を開く。夫は指揮者の現田茂夫(げんだ・しげお)さん。

 東京都出身。文化庁オペラ研修所を最年少、首席で卒業。昭和59年、「メリー・ウィドー」「椿姫」でデビュー。同庁派遣による芸術家在外研修員としてイタリア・ミラノへ留学。

 帰国後、62年から4年連続でNHK紅白歌合戦に出演した。日本を拠点にウィーン国立歌劇場など欧州、豪州、アメリカでオペラ出演。オーケストラとの共演を重ねてきた。

 文化放送音楽賞、都民文化栄誉章、ジローオペラ賞大賞など、数々の賞を受けた。著書に「佐藤しのぶ出逢いのハーモニー」などがある。

 体調不良のため、10月から来年1月のコンサート出演を取りやめると9月24日に発表していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ