PR

ライフ ライフ

【ノーベル賞】2年連続の受賞なるか 医学・生理学賞は森和俊氏が有力

その他の写真を見る(1/2枚)

 今年のノーベル賞が7日の医学・生理学賞を皮切りに順次、発表される。2年連続の日本人受賞はあるのか。8日に物理学賞、9日に化学賞と続く自然科学分野を予想した。

医学・生理学賞(日本時間7日午後6時半発表)

 昨年は本庶佑(たすく)氏の受賞で日本中が沸いた医学・生理学賞。今年も日本人の有力候補者がいる。タンパク質の品質を管理する「小胞体ストレス応答」という現象の仕組みを解明した京都大の森和俊教授だ。

 小胞体は細胞内にある小さな器官で、タンパク質を作る場所だ。単に作るだけでなく、健康を害する不良品のタンパク質が生じると修理したり、ごみとして廃棄したりする品質管理の仕組みを持っている。森氏はこのメカニズムを分子レベルで解明し、生命科学の新たな研究分野を切り開いた。

 小胞体ストレス応答はがんや神経疾患など、多くの病気と関係があることが分かってきており、創薬につなげる研究が進んでいる。

 森氏はノーベル賞の登竜門とされる米ラスカー賞、カナダのガードナー国際賞などを既に受賞しており、国際的な評価は高い。米カリフォルニア大サンフランシスコ校のピーター・ウォルター教授との同時受賞が予想される。

 医学・生理学賞が対象とする研究分野は細胞生物学や脳・神経、発生学など幅広い。欧米にも多くの候補者が控えており、DNAのメチル化やゲノム編集、食欲を抑えるホルモン「レプチン」などの研究者が有力候補に挙がっている。

物理学賞(日本時間8日午後6時45分発表)

 物理学賞は宇宙・素粒子、量子力学、物性などの研究分野に大別され、今年は宇宙・素粒子分野から選ばれる可能性が高い。ビッグバンの名残の電磁波を人工衛星で精密に観測し、宇宙の年齢などを明らかにしたWMAPプロジェクトや、太陽系外惑星の研究者らが候補に挙がっている。

 ブラックホールを世界で初めて撮影したと日米欧などのチームが4月に発表した成果も注目度は高いが、ノーベル賞は毎年1月に受賞者の推薦が締め切られるため、今年の受賞はなさそうだ。

 量子力学から選ばれる場合は、基本原理の実証や量子暗号、量子コンピューターなどに関する研究に注目が集まる。日本人では量子コンピューターの開発につながる「量子テレポーテーション」の実験に成功した東京大の古沢明教授や、超精密な原子時計の「光格子時計」を開発した東京大の香取秀俊教授らが有力だ。

 物性分野では、世界最強のネオジム磁石を開発した大同特殊鋼顧問の佐川真人(まさと)氏、鉄系の超電導物質を発見した東京工業大の細野秀雄栄誉教授らが期待されている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ