PR

ライフ ライフ

国宝書籍など虫干し 足利学校で曝書始まる

古書のページを1枚1枚めくりながら入念に点検する女性職員=1日午後、足利市昌平町
古書のページを1枚1枚めくりながら入念に点検する女性職員=1日午後、足利市昌平町

 史跡足利学校(栃木県足利市昌平町)で、所蔵する貴重な国宝書籍などを虫干し、点検する秋の恒例作業、曝書(ばくしょ)が始まった。

 同学校は国宝77冊、国重要文化財98冊を含む古書約1万7千冊を所蔵。曝書は風を通して湿気を取り、傷みを点検する作業で、江戸時代から行われている。

 今年は国宝書籍「礼記正義(らいきせいぎ)」など約1千冊が対象。書院内に並べられた書籍を、職員が丁寧にページをめくりながらチェックしていた。作業は11月下旬まで続く。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ