PR

ライフ ライフ

「梅田」から「大阪梅田」に 関西鉄道各社が駅名変更

梅田駅から大阪梅田駅に変更された阪急電鉄の駅名看板=1日未明、大阪市
梅田駅から大阪梅田駅に変更された阪急電鉄の駅名看板=1日未明、大阪市

 消費税増税に伴う運賃改定に合わせ1日、阪急電鉄と阪神電鉄が「梅田」(大阪市北区)を「大阪梅田」とするなど、関西の主要な鉄道会社が計10カ所の駅名を変更した。運賃表と駅名の看板の付け替えを同時に行うことで、費用を抑える狙いがある。

 阪急はほかに「河原町」(京都市下京区)を「京都河原町」とし、大阪梅田駅とともにそれぞれ大阪、京都の中心部にあることを分かりやすくした。

 最寄りの大学名を新たに付け加えた駅名も多く、阪急「石橋」(大阪府池田市)が「石橋阪大前」▽京阪電鉄「深草」(京都市伏見区)が「龍谷大前深草」▽阪神「鳴尾」(兵庫県西宮市)が「鳴尾・武庫川女子大前」-と変更。このほか、京阪が「八幡市」(京都府八幡市)を「石清水八幡宮」に改称するなどした。

 大阪梅田駅や京都河原町駅では1日未明、看板の付け替え作業を実施。同日朝に大阪梅田駅を利用した大阪府豊中市の女性(76)は「大阪は特に外国人が多いので名前が分かりやすくなって助かるのでは」。京都河原町駅では、ポーランドから訪れたクリストフ・コヴァルコフスキーさん(37)が「日本の駅名はなじみがないので覚えにくい。『京都』が付くことで中心地だと強調されるし、より親しまれるはずだ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ